HOME >  東京マン喫・ネカフェ事情 >  おサボリ・お泊まり利用が急増?

おサボリ・お泊まり利用が急増?

営業の合間にサボって休憩、ランチ時間に昼寝、飲んで終電をのがして宿泊…

漫画喫茶は、若者だけでなく、そんなサラリーマン(サボリーマン?)が多く利用しています。でも、よく観察してみると、大人が利用する目的はどうやらサボることだけじゃなさそうです。

漫画喫茶に急増するサラリーマンの実態

最近、漫画喫茶にスーツ姿のサラリーマンを多く見かけませんか?
終電を逃したお泊まり組のみならず、平日の午前中やランチタイムから延々滞在しているのをいつも見かけます。いわゆるサボリ-マンかな?なんて、他人事ながら、ちゃんと仕事しているのか心配になります。

でも、今時の漫画喫茶って、漫画やインターネットだけじゃないんです。PCブースならインターネット使い放題はもちろん、officeソフトウェアの利用やプリントアウトなどのサービスがある店舗があります。

例えば、急な出先でも客先に向かう前に資料を直してプリントアウトなんて簡単。店舗によってはカラーコピーやスキャナがあるところもありますから、コレはもうレンタル・オフィスの機能ですね。
ほとんどのブースは個室なので、会社で仕事するよりも集中できたり、会社にはないような超ハイスペックのPCで仕事をしたりするなど、いろいろメリットがありますね。

さらに新聞や雑誌は常に最新号がおいてあるので、インターネット以外の情報収集も万全。
そう、サボリーマン風の皆さんはバッチリ仕事しているのです(たぶん)。

フリードリンクはもちろん、安くてフードメニュー豊富な店舗もありますから、お小遣いを節約すべく、ランチがてら利用している人も多いようです。がんばれ、日本のサラリーマン!

タクシーで帰るより漫画喫茶に泊まろう!

ついつい、終電を逃してしまって、漫画喫茶にお泊まり…。
そんな経験をしたことある人も多いのでは?

最近はリクライニングシートだけでなく、フルフラットシートも主流。和室や座敷完備なんて店舗もあるので、ゴロ寝にうってつけです(笑)。
宿泊利用するなら、ブランケットの貸し出しや、シャワーがある店舗の事前チェックは欠かせません。

泊まるのつもりで利用するなら、ブランケットは受付の時にもらっておくのが賢い宿泊利用法。深夜、全てのブランケットが貸し出し中になり、肌寒くなってきたときに借りられないなんて悲劇は避けましょう。

また、終電終了後の駆け込み需要の多い時間帯(午前0時から1時半頃)や、ナイトパックの終了時刻直前の1時間はシャワーも混雑します。
せっかくの店内でシャワー待ちほど悲しいモノはありませんから、終電ギリギリになりそうな場合は、早めに見切りを付けて、入店してシャワー利用を済ませましょう。

店舗によってはバスタオルの貸し出しやタオルやボディソープ、化粧品などのお泊まりグッズを販売、もしくは無料提供していますから、コンビニで買わなくても大丈夫ですよ。

どうです?2割り増しのタクシーにあわてて乗って帰るよりも、朝まで漫画喫茶で過ごしたほうが、時間を有効利用できると思いませんか?